慰謝料の相場

未分類

不倫の慰謝料に関して、明確な金額の提示はありません。状況によってそれぞれ異なるので、裁判官の判断次第といったところですが、目安となる相場はあります。どのような場合にどの程度の金額になるか、詳しくみていきましょう。

不倫の慰謝料は、損害に対する賠償と考えられています。そのため不倫で被った被害が大きければ大きいほど、慰謝料の額は大きくなります。たとえば、円満であった家庭が不倫で壊れ、離婚まで至った場合、慰謝料は200万円から300万円になります。財産分与も含まれることがあるので、こうした裁判にはやはり弁護士の力を借りたほうがよいでしょう。

電卓同一世帯にとどまることが苦痛になり、別居を選択した場合は、慰謝料は100万円から200万円です。同居を続け、結婚生活も維持できるということであれば、相場は100万から50万になることがほとんどです。ただしこうした金額は、パートナーの資産や収入にもよります。倫相手に関しても、場合によっては資産もなく、収入もなく、請求しても慰謝料が支払われないことがあるかもしれません。その場合には、公正証書を作成して、将来就職した際に慰謝料を押さえる手続きを取ることもできます。

Pocket