不倫の慰謝料とは

未分類

不倫不倫に対しては慰謝料を請求することができます。信頼していたパートナーの不倫が発覚して、くやしさも悲しさも、当然怒りもあることでしょう。しかしここは落ち着いて、不倫の証拠を集めることが大切です。冷静に行動し、慰謝料請求とい手続きを取ることで、自身の感情を相手にわからせることができます。

まずは証拠を集めましょう。不倫の慰謝料請求には、パートナーと不倫相手が肉体関係を持っていたという証拠が必要です。ラインやメールだけでは不十分になることもあるので、できればホテルや相手の部屋に入る瞬間の写真を手に入れたいところです。

なお慰謝料の請求は、不倫相手、パートナーの両方にすることができます。ただし条件によっては片方のみという場合もあるので、その点も押さえておく必要があります。両方に請求できるのは、家庭生活が円満で、なおかつ不倫相手が「相手が既婚者だと知っていた」場合です。しかし相手が、パートナーを既婚者だと知らなかった場合は、パートナーのみにしか慰謝料は請求することができません。

また、相手が既婚者であることを知っていた場合でも、家庭生活がすでに破綻をきたしていた場合には、パートナーには請求ができません。不倫の相手のみへの請求となります。もちろん条件によって支払い額の相場も異なり、話し合いにはかなりのエネルギーを必要とします。不倫で精神的なダメージを負った上に、慰謝料の請求まで自分でするのは苦痛だと考える人も多いでしょう。そうしたときに役立つのが弁護士です。不倫に弁護士を介入させ、慰謝料を的確に得るための手段を、このサイトでは詳しくご説明しています。

Pocket