弁護士不倫に対しては、きちんと対処をすれば正当な慰謝料を受け取ることができます。しかし個人で、パートナー、不倫相手の双方を相手にして、話し合いができるものでしょうか。

納得のいく交渉をするために、専門家に頼ることも検討しましょう。多くの場合は弁護士が、この状況を打開してくれます。弁護士に相談した際の一番大きなメリットは、精神的苦痛が軽くなることです。弁護士は何より相談者の味方ですから、自分の言い分を理解してくれる人が現れることは、不倫でダメージを負った人にはうれしいことでしょう。

また、不倫相手と直接話をする状況も、避けることができます。どうしても感情的になりがちな場面ですから、事務的に進められるならそれに越したことはありません。

適切な金額の算定ができるのも、弁護士がいてこそといえるでしょう。慰謝料を請求している人の中には、不倫相手、あるいはその代理人から、和解を持ちかけられて戸惑う人も大勢います。その金額で納得できるのならいいかもしれませんが、できない場合は、しっかりと間に立って交渉してくれる専門家が必要です。弁護士には、慰謝料請求からの離婚も含め、家庭問題に長けた弁護士が多くいます。(参照:慰謝料請求相談_弁護士法人アディーレ

不倫で家庭が壊れそうなとき、これ以上の精神的な苦痛を負わないためにも、弁護士への相談を考えましょう。

慰謝料の相場

未分類

不倫の慰謝料に関して、明確な金額の提示はありません。状況によってそれぞれ異なるので、裁判官の判断次第といったところですが、目安となる相場はあります。どのような場合にどの程度の金額になるか、詳しくみていきましょう。

不倫の慰謝料は、損害に対する賠償と考えられています。そのため不倫で被った被害が大きければ大きいほど、慰謝料の額は大きくなります。たとえば、円満であった家庭が不倫で壊れ、離婚まで至った場合、慰謝料は200万円から300万円になります。財産分与も含まれることがあるので、こうした裁判にはやはり弁護士の力を借りたほうがよいでしょう。

電卓同一世帯にとどまることが苦痛になり、別居を選択した場合は、慰謝料は100万円から200万円です。同居を続け、結婚生活も維持できるということであれば、相場は100万から50万になることがほとんどです。ただしこうした金額は、パートナーの資産や収入にもよります。倫相手に関しても、場合によっては資産もなく、収入もなく、請求しても慰謝料が支払われないことがあるかもしれません。その場合には、公正証書を作成して、将来就職した際に慰謝料を押さえる手続きを取ることもできます。

不倫不倫に対しては慰謝料を請求することができます。信頼していたパートナーの不倫が発覚して、くやしさも悲しさも、当然怒りもあることでしょう。しかしここは落ち着いて、不倫の証拠を集めることが大切です。冷静に行動し、慰謝料請求とい手続きを取ることで、自身の感情を相手にわからせることができます。

まずは証拠を集めましょう。不倫の慰謝料請求には、パートナーと不倫相手が肉体関係を持っていたという証拠が必要です。ラインやメールだけでは不十分になることもあるので、できればホテルや相手の部屋に入る瞬間の写真を手に入れたいところです。

なお慰謝料の請求は、不倫相手、パートナーの両方にすることができます。ただし条件によっては片方のみという場合もあるので、その点も押さえておく必要があります。両方に請求できるのは、家庭生活が円満で、なおかつ不倫相手が「相手が既婚者だと知っていた」場合です。しかし相手が、パートナーを既婚者だと知らなかった場合は、パートナーのみにしか慰謝料は請求することができません。

また、相手が既婚者であることを知っていた場合でも、家庭生活がすでに破綻をきたしていた場合には、パートナーには請求ができません。不倫の相手のみへの請求となります。もちろん条件によって支払い額の相場も異なり、話し合いにはかなりのエネルギーを必要とします。不倫で精神的なダメージを負った上に、慰謝料の請求まで自分でするのは苦痛だと考える人も多いでしょう。そうしたときに役立つのが弁護士です。不倫に弁護士を介入させ、慰謝料を的確に得るための手段を、このサイトでは詳しくご説明しています。